養生の鍼(はり)

鍼灸院と書くか、針灸院いと書くか。

難しい漢字を使うことに抵抗があるほうですが(たとえば「氣」とかね)、鍼灸業界の人はまず「針灸」という書き方をしないので、いつの間にやら鍼灸という難しい字に慣れてしまいました。

 

ツボにはとても難しい字が多いです。

文字を探すのが面倒なので打ちませんが。

 

そういうところがなんとなく敬遠されちゃうところと思います。

 

おおよそ皆さんが鍼灸・・・「針かぁ・・・痛そうだなぁ。いやだなぁ」という葛藤を押し殺し、乗り越えて針灸院の扉を開くのはよっぽどのとき・・・もう、ほんとうによっぽどのときだと思います。

 

どんな人がやってるかも分からないし・・・

痛かったら嫌だし・・・

針から病気とか伝染ったらどうしよう・・・

薄暗い感じだし・・・

 

それこそぎっくり腰で起き上がれない

なのに明日は絶対仕事行かなきゃ

 

という自体にでもならない限り、鍼灸院の扉を叩くことはないのではないかと思いますが、

 

実は、その心理、鍼灸師でも一緒(笑)

 

鍼なんか大嫌いっていう鍼灸師は多いモンです。

 

私は好きなんですが、私のおっしょさん・・・お師匠さんのことを私は「おっしょさん」と書きます。

おっしょさんは、鍼が大嫌い。

 

そのおっしょさんは、私をシゴクときだけ、いやいやながら、もうほんとしぶしぶ、鍼を受け(鍼をしてもらうことを「受ける」と言います)てくれます。

 

そのおっしょさんの鍼は私より痛いですが、うちの鍼灸院の百倍くらい繁盛しています。

そのことについて書いてみようと思います。

 

(つづく)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。