ピラティス

鍼灸師という職業柄か、健康維持に何をしていますか?という質問をよく受けます。

 

わたしは下手の横好きで、今までいろんなことに挑戦しては、ときに挫折、ときに飽き…

やってみて、あーこれはあかんわ、と思ったこともあり。

 

でもまぁ、色んなことを挑戦するだけは挑戦してきました。

 

人によって、また年齢によって、合う、合わないもあると思いますが…という前提で話します。

 

「話し方の学校」で知り合った「あーちゃん」というピラティスインストラクターさんに勧められ、彼女は名古屋に住んでいるのですが、大阪の系列のピラティスグループのYさんというインストラクターさんがすごいという話で、私も体験しにいってきました。

 

あーちゃんが言うには、ピラティスには、二つあり、一つはマシンを使うもの。一つはマシンを使わないもの。

 

私はピラティスはまったく経験がなく、ただ昔渡辺満里奈さんが「ピラティス」の本を出していたので、それをパラ見したことがありました。

 

それによると、ピラティスというのは、もともとリハビリテーションとして始まったそうです。

 

ピラティスは戦争で負傷した人、骨折したりして、長期に使ってなかった筋肉の力を取り戻させるのに良い。

 

筋肉に指令を与えるのは、脳と神経ですが、たとえば、ふとももを持ち上げるという動き。

これなど、本来はインナーマッスルである大腰筋の仕事。

けれど間違った体の使い方をしている人がおおく、そういう人は大腰筋ではなく、大腿四頭筋というアウターマッスルを使ってしまっている。

インナーマッスルを使えばやすやすと、疲れずにできる動きが、アウターマッスルを使うとすごく無駄に疲れる上、外によろいのような筋肉がついて、動きを制限するようになる。

 

ピラティスはアウターマッスルを鍛える筋トレではなく、インナーマッスルと脳をつなぐ神経を鍛えることに特化している・・・私の中のピラティスはそういうものでした。

 

アウターマッスルをつけることにはさほど興味がないわたし。

また、「正しい動き」とはどのようなものかにも興味がありました。

 

けれど当時は福岡の、しかもひっこんだところに暮らしていたため、身近にピラティスを習えるところがありませんでした。

 

そしてあーちゃんに聞いたところ、マシンを使うピラティスと、マシンを使わないピラティスでは、できることが段違いらしいのです。

 

(つづく)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。