不器用どうしようもないマン

器用な者が伸びるとは限らない、

自分は器用な者は、弟子にとらない

ある職人が、そう書いていた。

今日それを思い出したのは、かさこさんのこのブログを読んだから。

私も不器用な方ではあるので、不器用でも頑張れば良いのだと言ってもらうと、それだけでホッとするところがある。

あまり色々出来ないから、うちの治療メニューは、多くない。

  • 標準治療
  • 部分治療
  • つかれ目と首、肩こり(顎関節症も)
  • しもやけ

どうしても混ぜられないものを、別にしている。

血液は感染性物質だから、出血があり得るので「しもやけの治療」は少し高い。

私はすごく忘れっぽい。

「今日最後にお灸しましょうねー」と言ったのに、鍼が終わった頃に忘れてる。

思ったときに、即やらないと忘れる。

…申し訳ないが、こればっかりはどうしようもない。

うちの治療は置鍼という、鍼を刺して置いておくことは、ほとんどしない。

やりたいが、自分の記憶力があてにならないのでやらない。

やるときは、鍼の本数をメモしてやる。

うちのカルテには、鍼の種類と本数を書く欄がある。

面倒だが仕方ない。

もっと器用なら…記憶力がよければ、といつも思う。ないもの強請りだ。

今はシンプルな治療法に行き着いた。

師匠のおかげだ。

このやり方が自分に合っていると思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。