人生の目的って

私たちが人生の意義や目的を見つけることで、人生は改善しうるものだろうか?

私はノーだと思う。

人生の美しさは、ふとした一瞬に感じられるもので、それは生活を楽しむ中にあるのだと思う。

だから、人生の目的とは

あまりにも「楽しめない生活」に埋没しているとき、

そこから脱するために必要なもので、

人生の美しさを楽しんでいるうちは、必要のないものではないかと思う。

現実問題として、

現代人の生活は「楽しめない」ことを受け入れる、我慢料としての給料の上に成り立っているように思う。

時代の僥倖にあったときは、それを楽しみ、ちょっと逆風が吹いてみれば、儚く崩れる。

人生がそんな儚さを持つからこそ、「人生の目的」なんてものが、必要なのだと思う。

万物は流転する

流転する中にあって、左右されず、本質を見失わず、生きられるようになることを「能動的に」生きることと言う。

給料が「我慢料」になっているうちは、多分勤め人でも、フリーランスでも、多分人生は「受け入れる」べきもの、「耐えるべき」もので、

働き方の形態に関係なく、「能動的」「自発的に」働いてるときは、きっと「人生の目的」なんて考えないような気がする。

人生の目的だの意義だの考えるのは、本当は今、やってることが楽しくないのだと思う。

私は鍼灸をもっと普及したいと思うが、それは人生の目的とかではない。

単に鍼灸をすんのがオモロイから、鍼灸をしてて、鍼灸がもっと流行ったら、そのオモロイことをもっと出来ると思ってる。

単にオモロイだけで、鍼灸がエライと思う思ってるわけでもないし、

鍼灸というもんに、自分の人生を奉仕させたいとも思わない。

こんなこと書いたら意外に思われるかもしれないが。

「人生の目的」とか、クレドを持てみたいなことを、自己啓発本には書いてある。

あの「七つの習慣」にも書いてある。

けど、オモロイと思うことを単に追って行けば良いと私は思う。

敢えてモラルみたいなもんを人生にプラスするとしたら、ちょびっと美しさみたいなもんがあると良いなとは思う。

それは弱いものいじめをしないとか、皆んなとなるべく仲良くするとか、嘘をつかない、盗みをしないとか、足るを知るとか、そういうもんかなと思う。

そして、その美しさが、「人となり」を表すのであって、その人の職業が何かとか、収入がいくらかと言うとこに、人となりは現れないと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。