五十肩

五十肩を専門にしてる整体の先生が、五十肩の治療回数は最低15回と書いていたことがあります。

ありふれた疾患と思われますが、ありふれてるのと、簡単なのは一致しない!という典型。

五十肩、正体は、肩関節の石灰沈着

ひどいと夜中痛くて眠れないし、肩は上にも横にも上がらない。

石灰というモノが肩を固めてるわけですから、まずその石灰を「上手に」取り除いていくことが大切。

乱暴にやっちゃうと腱や神経、筋肉を痛めちゃうってのは分かると思うんです。

力づく、ってのは相当痛いです。

昔はあったそうです。

「鉄棒にぶら下がる」治療法とか。

鍼はその点細さと柔軟性がウリですので、ダメージを最小にして、身体の正常な部分を傷つけにくいと思います。

太い鍼でせっかちにやらなければ、です。

「もっと早く治してよ」と患者さんにせっつかれても、負けない精神力がいります…。これが治療していて1番辛い…。

石灰化したとこは取りながら、あとは筋肉の血流改善で「流す」というのが治療イメージです。

なんてか、普通でしょ?

普通なんです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。