ノエルのケーキ

2017-12-10 13.43.57

今日はひさびさに谷町四丁目の町屋レンタルスペース刻家さんにお邪魔して、ノエルのケーキつくり講座を受講してきました。

しっとりとしたチョコレート生地には、小麦粉はまったく使っておりません。

 

【米粉】

アレルギーが心配だから米粉を使ってみたいな、と思っていても

実際にどう使えばよいの?

と、わたしも思ってました。

 

今日の講座で教えてもらいましたが、完全に小麦粉と同じ量で良いようです。

 

むしろ、アレルギーの点以外でも、米粉のほうがメリットが大きいところがあります。

 

米粉は、小麦粉と違って、混ぜたりするとき事前に振るって置いたりしなくても、ダマにならないとか。

 

味も大して違いはないなと私は感じました。

ケーキを作るのなら、これからは米粉で十分。

むしろ米粉のほうが楽ちんそうです。

 

2017-12-10 13.34.11

このケーキのレシピ、行ってみましょう。

 

【フォレノワール】

黒い森だか・・・単純に訳すとそんな感じだそうです。

ドイツ語ではシュバルツバルト・・・。辻調のサイトによりますと、ドイツ南西部のシュバルツバルトにちなんだケーキだそうです。

 

サイズは5号の型を用意してください。

内側に紙を張って。

・ココア  20g

・米粉   7.5g

・チョコレート 50g

・卵 四つ

・粗糖 20gと35g

・生クリーム 100g

・粗糖 7g

・チェリーのコンポート

 

(1)チェリーのコンポートは前日までに仕込んでおく。

清潔な瓶(煮沸したもの)を用意。

アメリカンチェリー 適当に。⇒種を抜いておく

リキュール…ラム、ブランデー、キルシュ、グランマニエ、コアントローなど。

 

 

【チェリーのコンポートの作り方】

(作り方1)長期保存できるように作る場合

瓶に種を抜いたアメリカンチェリーを入れ、リキュールをひたひたになるくらいまで注いで数日保存。

 

(作り方2)アルコールは弱めで作りたい場合。1週間くらいで使い切ること。

種を抜いたアメリカンチェリーを鍋に入れ、ひたひたの水にチェリーの質量の40%の粗糖を加え、15分から20分ほど炊く。

火を止め、チェリーの量の10%のリキュールを混ぜてから保存。(この場合ももちろん煮沸した清潔な瓶に保存)

 

 

【スポンジを作る】

オーブンを170度で30分予熱する。

お湯を用意し、細かく刻んだチョコレートを湯煎しておきます。(あんま温度をあげると分離するのでほどほどに)

 

卵を卵黄と卵白にわける。

このとき卵を割って、手のひらに卵黄を受けるときれいに分けられる。

卵白は冷蔵庫。

 

まずは卵黄をボールに入れ、軽く混ぜてから粗糖20gを加え、これをブランシールといって、色が白っぽくなるまでしっかり混ぜる。

 

冷蔵庫から卵白を出し、メレンゲを作る。

夏場であれば、氷水でボウルを冷やしながら。

卵白に3回に分けて粗糖35gを加えながら混ぜ、しっかりメレンゲの角を立てる。

 

*これもコツだが、メレンゲの角が立つまでは機械の泡だて器でやるが、仕上げは手で混ぜる泡だて器に持ち替えて、20回~くらい混ぜて仕上げると、メレンゲがなめらかになる。

 

このメレンゲの質によって、スポンジの出来上がりが変わる。

 

*絶対気を付けてほしいことは、メレンゲを泡立てるとき、泡だて器もボウルも清潔で水気のない状態にしておくこと。混ぜ物があると、メレンゲができないらしい。

 

こっから先は手早さと加減が重要になるのだが、

メレンゲまでが準備できたら、また卵黄のボウルに戻り、これに湯煎しておいたチョコレートを混ぜる。

 

チョコレートはすぐ固まるので、卵黄に混ぜたら即座に、マーブル模様ができるくらいゴムベラ等で混ぜる。

 

次はメレンゲ。

黄色と茶色のマーブル模様にメレンゲを2-3回に分けて入れ、また混ぜる。

先に用意していたココアと米粉を、これも2-3回に分けて入れ、最後はきれいに混ぜる。

 

混ざったものを型に入れる。

 

オーブンの予熱が終わることと思うので、予熱が完了したら30分焼く。

 

できあがったら粗熱をとる。

 

チェリーのコンポートの水気を切る。

 

生クリーム100gに粗糖7gを入れ、混ぜる。

 

*このとき、ちょっとしっかりめ(中にサンドする用)と気持ち柔らかめ(上に載せる用)に分けるのがコツといえばコツ。(別に一緒でも構わない)

 

ちなみに生クリーム100gに粗糖7gというのは、かなりあっさりめの味なので、これ以上粗糖を減らす必要はないかもしれない。

 

粗熱がとれたスポンジを横に真っ二つに切る。

中にどぷっとたっぷり生クリームを挟んで、チェリーを敷き詰め、さらに生クリームをかぶせてサンドする。

スポンジで挟んで、今度はスポンジの上に生クリームを乗せる(これがややゆるく作った方の生クリームでと書いたやつ)

 

生クリームにココアパウダー(別量)を茶こしでふるい、残ったチェリーを飾る。

今回はさらにハーブを飾った。

 

すごく美味しい♥

 

2017-12-10 14.42.42

作った人それぞれの個性で、同じ材料でもちょっと違った飾りつけ。

どれが美味しそう?

 

*写真のケーキには講師の先生がおまけで用意してくれた、キャラメリゼしたナッツも載っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。