TOCfE Boot Camp

昨日はこの勉強会に参加してきました。

私が大学くらいの頃、「ザ・ゴール」という赤い表紙の分厚い翻訳本が流行ったのですが、著者のエリヤフ・ゴールドラットがその理論を誰もが使いやすくまとめてくれたもので、大きく3つのツールがあり、

私が今回学ばせてもらったのは、そのうち、「ブランチ」というものでした。

そのブランチの考え方は、この図で表すことができます。

もし、原因として「ほにゃらら」ならば、結果として「ほにゃらら」である。

あくまで私が理解した範囲での話ですが、

これが何を言っているかというと、

1.物事には因果関係(原因があって結果がある)がある

2.時系列的な前後関係がある

これをまずハッキリさせましょうよ、ということだ。

「原因があって結果がある」、当たり前のようだが、私たちの脳はしばしば騙されやすい。

その前後関係が食い違ってないか、この勉強会で繰り返し教えられたのは、何をおいても「声に出して読んでみる」大切さだった。

黙読しているだけの状態と、音読とでは、脳の騙されやすさが格段に違う、そのことを今回繰り返し教えてもらった。

(つづく)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。